入局案内

研修プログラム

研修目標

当科では卒前・卒後を通じて医師として必要な、医学的な考え方を身につけること、さらに患者を全人的にみられるようコミュニケーション能力・人格を磨くことがすべての研修の基礎と考えています。その上で内科全般および血液内科学に関する的確な知識を身につけ、正確な診断と適切な治療が行える能力を養うことを目指しています。すなわち、優秀な臨床医、一流の医師となることが目標です。さらに、当科の目標は臨床能力を磨くことだけでなく、すぐれた研究者になることでもあります。当科では高度で先端的な研究活動を行っており、後期臨床研修と同時に専門領域での研究も開始し、優れた研究者、指導者になることも目標としています。

研修内容

卒後3-4年目の後期内科研修期間は、希望により血液内科以外の各内科研修を1〜2ヵ月間行うことも可能です。また、外来業務を通して外来診療にも触れ、当直医業務においては総合診療、救急対応を上級医の指導のもとに行います。当科では全てチーム医療の形態をとっており、チーム毎の病棟回診により上級医師からの指導を受けます。病歴、病歴サマリー、各種診断書等についても指導を受けます。教育行事としては、血液内科抄読会を毎週、当院内科合同主催症例検討会を定期的に行っています。

後期内科研修期間最終年度(卒後5年目)は1年間日本医科大学血液内科診療グループである日本医科大学千葉北総病院血液内科、日本医科大学多摩永山病院、横浜南共済病院血液内科、同愛記念病院血液内科いずれかへ出向し、内科専門医としての研修を修了することとなります。

卒後6年目以降も基本6-12ヶ月単位で日本医科大学血液内科診療グループである日本医科大学付属病院、日本医科大学千葉北総病院血液内科、日本医科大学多摩永山病院、横浜南共済病院血液内科、同愛記念病院血液内科、湘南東部総合病院血液内科及びその他派遣病院にて、日本血液学会認定血液専門医取得のために必要となる臨床経験を積み重ねていくことになります。また横浜南共済病院や同愛記念病院、湘南東部総合病院その他派遣病院では、大学病院という特殊な環境での医療に限らず広く一般医療の研鑽を積み、将来市中病院勤務医あるいは開業医となる場合にもその基盤を作ることが出来ます。

この様なプログラムによって研修を行い、日本内科学会認定総合内科専門医、日本血液学会専門医の資格を取得ができる様に指導します。

大学院への進学について

大学院の進学は、定員に空席があれば希望する時点から内科系大学院に進学することが可能であり、副科目として基礎医学を専攻します。4年次以降であれば特殊な研究手法の修得を目的として基礎医学教室大学院や他施設に出向することも可能です。

学位

大学院に進んだ場合、順調であれば論文をまとめ3年終了時に学位を申請することができます。したがって、最短で卒後5年目の終わりに学位の申請が可能です。 大学院に進まない場合は、臨床研修を行いながら各研究チームより与えられたテーマについての研究を進め、論文発表、審査の過程を経て学位を取得することができます。最短で卒後6年目の終わりに取得可能ですが、多くは7〜10年目で取得しています。

専門医資格、学位取得後の進路

専門医資格、学位を取得後は、日本医科大学付属病院血液内科のスタッフとして血液内科の臨床経験をつむだけではなく、大学病院の教員として医学生、研修医、専修医の臨床指導を行います。また希望があれば国内や海外への留学も可能です。これまでに国立感染症研究所免疫部、国立がん研究センター中央病院、Mayo Clinic, Department of Immunology、National Institutes of Health(NIH), NHLBI, Hematological Branch,The University of Texas, MD Anderson Cancer Centerなどに留学しております。

▲ ページTOPへ