研究内容・実績

『骨髄不全症研究チーム』〜山口博樹〜

主な研究の要約

先天性角化不全症(DKC)は網状色素沈着、爪の萎縮、舌の粘膜白斑症などといった特徴的身体的所見を伴う先天性の骨髄不全症(BMF)です。DKCの約60%の症例において原因遺伝子が同定され、テロメラーゼ複合体を構成する遺伝子群である、DKC1、telomerase RNA component、telomerase reverse transcriptaseなどに変異が認められています(図1)。テロメラーゼ複合体は細胞分裂によるテロメアの短縮化に対しテロメアの複製、安定の役割 をもち、DKCはこれらの遺伝子の変異によりテロメアが短縮化し、その結果造血幹細胞などの増殖能に障害が起き上記の症候が形成されると考えられています。

我々はDKCの原因遺伝子である上述のテロメア制御遺伝子の変異が、一部の再生不良性貧血(AA)や骨髄異形成症候群(MDS)に認められ、特徴的身体所見を伴わず緩徐に発症する不全型DKCの存在が明らかにしました[1-6]。不全型DKCは、臨床的にAAやMDSと診断されることがあり、BMFの臨床診断において鑑別することは重要です。現在我々はBMFにおけるDKCおよび不全型DKCのスクリーニング法としてテロメア長測定の意義や、次世代シークエンサーを用いてDKCの新規原因遺伝子の探索などを研究しています[7]。またテロメア長測定やDKCの原因遺伝子解析に関しては随時ご相談になります。研究責任者の山口博樹(y-hiroki@fd6.so-net.ne.jp)までご連絡いただければ幸いです。

図1先天性角化不全症で認められる遺伝子変異
緑:BMFで認められた変異、赤:DKCで認められた変異、黒:肺線維症で認められた変異、青:遺伝子多型 文献8より改変

主な業績

1. Yamaguchi H, Baerlocher GM, Lansdorp PM, et al. Mutations of the human telomerase RNA gene (TERC) in aplastic anemia and myelodysplastic syndrome. Blood. 2003;102:916-918.
2. Yamaguchi H, Fogarty PF, Wiestner A, et al. Late presentation of dyskeratosis congenita as "acquired" aplastic anaemia due to mutations in telomerase RNA. Lancet. 2003;362:1628-1630.
3. Yamaguchi H, Rodrigo C, Ly H, et al. Mutations of the Human Telomerase Complex Genes in Aplastic Anemia. N Engl J Med. 2005;352:1413-1424.
4. Takeuchi J, Ly H, Yamaguchi H, et al. Identification and functional characterization of novel telomerase variant alleles in Japanese patients with bone-marrow failure syndromes. Blood Cells Mol Dis. 2008;40(2):185-191.
5. Yamaguchi H, Inokuchi K, Takeuchi J, et al. Identification of TINF2 gene mutations in adult Japanese patients with acquired bone marrow failure syndromes. Br J Haematol. 2010;150(6):725-727
6. Yamaguchi H, Sakaguchi H, Yoshida K, et al. The clinical and genetic features of dyskeratosis congenita, cryptic dyskeratosis congenita, and Hoyeraal-Hreidarsson syndrome in Japan. Int J Hematol. 2015;102(5):544-52.
7. Terada K, Miyake K, Yamaguchi H, , et al. TERT and TERC mutations detected in cryptic dyskeratosis congenita suppress telomerase activity. Int J Lab Hematol. 2020;42(3):316-321.