教室紹介

歴史・沿革

1980年野村武夫先生が、厨信一郎先生、檀和夫先生と共に日本医科大学血液内科を創設し、初代教授として就任
1988年野村教授厚生省特定疾患特発性造血障害調査研究班班長に就任
1990年厨信一郎先生岩手医大第三内科血液部門教授に就任
1991年野村教授第33回日本臨床血液学会会長に就任
1994年日本医科大学千葉北総病院に血液内科外来を開設
1995年野村武夫教授退官
檀和夫先生が第二代日本医科大学血液内科教授に就任(2003年より大学院教授)
自家末梢血造血幹細胞移植開始
1998年横浜南共済病院血液内科が日本医科大学血液内科診療グループとなる 同種造血幹細胞移植を開始
2000年日本臍帯血バンク認定施設となる
2001年日本骨髄バンク認定施設となる
2004年猪口孝一先生、緒方清行先生が日本医科大学教授に就任
2007年同愛記念病院血液内科が日本医科大学血液内科診療グループとなる
2008年日本医科大学多摩永山病院に血液内科外来を開設
猪口孝一先生が日本医科大学千葉北総病院血液内科部長に就任
2009年日本医科大学千葉北総病院血液内科にて自家末梢血造血幹細胞移植を開始
2010年檀和夫教授第72回日本血液学会学術集会会長に就任
2011年横浜南共済病院血液内科にて自家末梢血造血幹細胞移植を開始
2012年日本医科大学千葉北総病院血液内科、横浜南共済病院血液内科にて同種造血幹細胞移植を開始
2013年檀和夫教授退官
猪口孝一先生が第三代日本医科大学血液内科学大学院教授に就任
同愛記念病院で自己末梢血幹細胞移植を開始
2014年田村秀人先生が日本医科大学付属病院輸血部部長就任(第3代部長)
尾崎勝俊先生が日本医科大学多摩永山病院臨床教授に就任
2016年猪口孝一教授が第4回日本血液学会関東甲信越地方会会長に就任
▲ ページTOPへ